【火葬棟ご利用にあたってのお願い】

●斎苑の利用時間(到着時間)は、厳守してください。時間に遅れますと、火葬できない場合があります。

●お車は霊柩車を除き
6台までとし、人数は40人まででお願いします。

●棺は、長さ200cm・幅60cm・高さ50cm以内でお願いします。

●ペースメーカーを装着されているご遺体の場合は、必ず係員にお申し出ください。

●待合ホールのご利用は15人まで、洋室のご利用は36人まで、和室のご利用は20人までです。洋室または和室内での飲食は出来ますが、酒類の持ち込みは禁止です。

●収骨は
15人まででお願いします。

●他の使用者に迷惑となる行為はしないでください。

●許可なく、物品の販売をしないでください。

●所定の場所以外に、立ち入らないでください。

●棺に棺掛をかけたまま納める場合については、ピン等で固定していただくか火葬炉に入れる前に棺の中に納める等の対応をお願いします。

●棺の上に花束を置いたまま火葬炉に納める場合も引っ掛かる事例も発生しており、棺の中に納める等の対応をお願いします。また、万一、火葬に支障がある場合には係員の判断により対応させていただく場合があります事をご了承ください。

●その他、係員の指示に従ってください。


※棺の中には下記の副葬品を入れないようご理解とご協力をお願い致します。

分類

副葬品(例)

火葬への影響など

危険物

スプレー缶、ガスライター、缶詰製品類など

爆発しご遺骨や火葬炉内部が損傷する

金属品
プラスティック類
ガラス繊維製品
ゴム製品など

杖・ゴルフ用品、眼鏡、釣竿・ビン類、ボールなど

火葬時間が長くなるほか、火葬炉内が高温のため溶けてご遺骨に付着し変色する。

紙類

書籍

火葬時間が長くなるほか、灰が多量となりお骨が変色したり、収骨の障害となる。

革製品

革靴、バッグ

果物類

メロン、りんご、みかんなど

衣類

多量の着物など

Copyright (C) 2009 Yasugawasaien All rights reserved.